男性器が大きい人と小さい人の違いとは

まずは「増大力・勃起力・興奮力・コスパ」という観点からおすすめ商品を3つ選んでみました!
ペニス増大サプリランキングはこちら

■男性器が大きい人と小さい人の違いとは

男性器を大きくするためには、男性器が小さい原因を知る必要があります。男性器が小さい原因は以下の3つです。

●生まれつき

男性器が短小な原因の一つとして遺伝というものが考えられます。

生まれつきで男性器サイズが決まっていると言われるともう買えられないのかと思いがちですが、実はそうではありません。

ここで言う体質というのは生まれつきの男性器サイズのことを指しているのではありません。

男性器の大きさが最初から形成されているのではなくて、大人になっていく過程で、男性器の成長に欠かせない成分が体内に不足しがちになるということです。

身長や顔の見た目などのように遺伝であらかじめ決まっているわけではありません、男性器の成長に必要な栄養素を継続的に摂取することにより男性器増大を実現することができます。

●下半身の筋肉不足

下腹部の筋肉が弱い人やふとっている人は男性器が小さい傾向にあるのは、下腹部から男性器につながっている筋肉が少ないと言うことです。

男性器は、海綿体細胞という細胞が基礎となり、その周りを下腹部からつながる筋肉とお尻からつながるPC筋という筋肉が支えています。

勃起するときは、海綿体細胞が大きくなって、筋肉が緊張して大きくなった男性器を吊り上げて、力強く反り返るような勃起を実現しています。

この男性器の根元にあたる筋肉が弱っていると男性器そのものが細くなりやすくなりますし、ギンギン具合もへたってしまうということです。

男性器を構成している筋肉が弱かったり太かったりしている人は、下腹部の脂肪を減らしてダイエットすることにより、男性器が大きく見えるようになります。

●男性器に皮がかぶっている

包茎も男性器を小さくする原因です。包茎とは、男性器の皮(包皮)が亀頭にかぶっている状態。

小さい子供の頃は亀頭に皮が被っているのは当たり前のことですが、思春期になって大人になるにつれて徐々に男性器の皮がむけていって、大人の男性器になっていきます。

ですが、人によっては亀頭に皮がかぶったままとなり、通常時はもちろん、勃起しても亀頭に皮がかぶったままの男性がいます。

仮性包茎というのは、普通の男性器の時は皮が被っている状態で、勃起すると完全に皮が向ける状態のことをいいます。

真性包茎というのは、通常時も勃起状態も亀頭に皮が被っている状態の男性器のことをいいます。

さらにカントン包茎というのは皮の先端が狭くなっていて亀頭を締め付けてしまう状態の包茎をいいます。

上記のように包茎にはいくつも種類がありますが、どの包茎のタイプでも亀頭が皮にかぶっている状態のことをいいます。

亀頭に皮が被っている状態だと、亀頭や陰茎全体の成長を妨げてしまって、男性器増大にはマイナス要因になるのです。

包茎の男性器と正常な男性器では数センチもさがあるといわれているくらいです。

包茎が原因で男性器が小さくなっている人は包茎をまず克服することにより男性器が大きくすることができるということです。